大阪府堺市 介護付有料老人ホーム「エテルノ テレサ」

文字サイズ 小中大
私たちの想い施設紹介エテルノ テレサのサービスご入居の案内料金についてアクセス(所在地)
エテルノ テレサトップページご入居者様の声>理想の介護施設と出会うまで。(前編)
イベントのご案内
エテルノ スポーツ
介護支援センター
ナカイクリニック
お問い合せ・資料請求
ホーム見学受付中!!
体験入居受付中!!

理想の介護施設と出会うまで。(前編)

2011年春

昨年、エテルノテレサ浜寺元町で、一人のご入居者様が天に召されました。
最初、施設を利用することに割り切れない思いをお持ちだったご家族は、悩みながら介護の手だてをお考えになり、やがてエテルノ テレサ浜寺元町へご入居いただくことになります。
介護施設への入居をお考えになりながら、なかなか踏み切れないでいる方のご参考になればと、今回ご家族様の手記を掲載させていただくことになりました。
 

父が旅立って6ヵ月が過ぎましたが、今も毎日、義父の分の食事を作り仏前に供えています。そして、遺影に何やかんやと語りかけています。店先で義父の好物を見つけると購入して、また仏前に…。「親孝行したいときには親はなし」と言われますが、いなくなってもできることはたくさんあります。
義父は早くに妻を癌で亡くしているので、健康には人一倍気をつける人でしたが、加齢に伴う聴力低下と歩行困難に加えて80歳半ばで緑内障に罹り、みるみるうちに視力を失くしてしまいました。

居している私たちは仕事を持っており、日中は義父一人の生活です。義妹も毎日のぞいてくれましたが、耳も目も足元も不自由になった義父は、日がな一日中眠るようになりました。用意しておいた昼食もそのままになっている日が多くなり、Lサイズの体がMサイズになるのにそれほど時間はかかりませんでした。何をするにも億劫がり、大好きな入浴も嫌がるようになりました。トイレの行き来ですら何度も立ち止まり、這うようにして移動していました。食も細くなり、笑顔も会話も少なくなっていきました。

動の時を生き抜き、3人の子を育て上げ、これから楽しもうとした矢先に妻を亡くし、でも、弱音を吐かず明るく強く生きてきた義父。聴力・視力・歩行の自由をほぼ奪われ、やせ細ってどんどん弱っていく義父…。どうしてあげることが一番いいのか、充実した日々を送ってもらうために何をすればいいのか、子・婿・嫁・孫がそれぞれに、長い月日をかけ悩みました。その間に、専門的なケアを受けられる介護施設への「入所」という文字が、いくども頭にうかびました。
しかし、私たちにとって、年老いた親を子が看るのは当然の事であり、介護施設に入所させるなんてとんでもないこと、掛け替えのない親を見捨てることと同様でした。

囲から「なんという事をするのだ」と思われるのでは、という思いもぬぐえませんでした。そしてなにより、当の義父の頭には「介護施設」という言葉は頭になかったことでしょう。結論が出せないまま、ひとつの選択肢である「介護施設」の見学に出向いていました。義父を真ん中に据えて、私たちとパートナーになってもらえる施設を求めて。

んな私たちの不安を解消し、義父に安らぎの場所を与えてくださるきっかけとなった一人の医師がいます。ナカイクリニック院長である中井先生との出会いが、やがて私たち家族と義父に最高の想い出を作ることになるのでした。

後編につづく


このページの先頭へ インデックスページへ戻る トップページへ戻る

介護付有料老人ホーム エテルノ テレサ浜寺元町
大阪府指定特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護
〒592-8343 大阪府堺市西区浜寺元町1丁120番地1
(c) 2013 Selvice Group All Rights Reserved.
ご入居に関するお問い合せ・ご相談はこちら0120-406-103